口コミで評判!福岡で注文住宅や健康住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを人気ランキングでご紹介!

注文住宅は売却することが可能?

    

福岡県で注文住宅を所有している場合、これを売却できるのかが問題になります。建売住宅などと異なり、注文住宅はオリジナルの住宅になるためいまひとつ価値が分からないことから、売却できるのかといった疑問が生じます。

そこで、実態がどのようになっているかを見ていきましょう。

 

 

 

間取りが特殊の場合高額で売れないことがある

 

注文住宅を建築し将来的に売る可能性がある場合に理解しておきたいことは、間取りをあまり特集にしないことです。注文住宅は、自分たちの好みの形を作ることができる点において非常に魅力的といえるでしょう。

例えば、男性ならば書斎を作ったり、女性ならばキッチン大きめにしたりする欲があるならば、そのとおりにすることが可能になります。それ以外にも、普通の住宅では考えられないような間取りにするような人もいるでしょう。当然それが本人たちにとって使いやすく理想の住宅ならばそれ以上素晴らしいことはありません。ですが、これを売るとなる場合には、価値がつきにくくなる可能性も否定できません。なぜかといえば、それを求める人は全くいないわけではないにしても少ないからです。多くの人はその住宅を求めるならば、自然に価値が上がる可能性は高いです。

しかし、その住宅を求めている人は少ないならば、購入希望者の間で競争の原理を働きにくく価値はそれほど上がらないどころか下がる可能性もあります。このように考えるならば、注文住宅を建築し将来的に売却することを考えているならば、あまり特殊な間取りは避けなければなりません

 

費用はあまりかけ過ぎないほうがよい理由

 

注文住宅は、建売住宅と異なり狭い面積にものすごくお金をかけることもできます。極端な例ですが、例えば室内を金箔にしたり、骨組みを総ひのきにすることで、通常の木材を使う場ですので売るときの金額も高めになりがちです。当然、売るときもかなり高くなるでしょう。

ですが、あまり金額を借り過ぎた住宅が売るとき、厳しい結果が出る可能性もあります。建築するときに十分なお金をかけるとすれば、もともと価値がある住宅ですのでそれなりの金額で売却することになるでしょう。ところが、購入する側としてはあまり高い金額の住宅を購入しようと思いません。なぜならば、それだけのお金を出すならば自分自身で新築住宅を造ったほうが安い可能性があるからです。

中古購入する人は、必ずその中古住宅が欲しいというよりも、安いから中古住宅にしている傾向があります。それにもかかわらず、中古住宅の金額が高かったとすれば新築住宅を検討する可能性が出てくることも理解できるはずです。もし、売却するときのことを考えるならば、あまり建物にお金をかけ過ぎないことも大事になります。

 

注文住宅を売却する時期も考えておく

 

中古住宅にもさまざまな造りがありますが、その中でも木造の住宅は多い傾向です。木造の住宅の場合には、鉄筋コンクリートなどと比べると耐用年数が短くなりがちです。具体的に述べると、木造の場合には耐用年数が22年で計算しているため、その住宅が建築されてから22年以上経過してしまうと建物の価値はほぼなくなるといってよいでしょう。

そうすると、土地だけの売買をしているのと同じことになってしまいます。そうだとすれば、もし売却を前提に住宅を建築するならば、22年経過しない段階で売却をする計画を立てたほうがよいかもしれません。ちなみに鉄筋コンクリートの場合は耐用年数が50年ほどになっていますので、そこまで考える必要はありません。

 

注文住宅を売る場合、あまりこだわりのある間取りにしたり、建築費用をかけすぎると売却しにくくなる傾向があります。なぜなら、購入する人が限られてくるからです。また、木造住宅を建築する場合には耐用年数がおよそ22年となっています。つまり、22年以上経過してしまうと、住宅を売却するにしても土地の値段程度の価値しか付きません。そうだとすればなおさら、建物にお金をかけすぎるべきではないことが理解できます。