口コミで評判!福岡で注文住宅や健康住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを人気ランキングでご紹介!

注文住宅を建てるには仲介手数料が必要?

 :
公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/09/19
    

福岡県で注文住宅を建築する場合、さまざまな費用がかかることを理解しておかなければいけません。その中で、予想外にたくさんのお金がかかるものの一つが仲介手数料になります。

これは重要なお金になりますので、その存在の意味や金額などをよく理解しておくことが必要でしょう。

仲介手数料の意味はどのようなものか

これから福岡県で注文住宅を建築する場合、仲介手数料の支払いは基本になります。そもそもこれはどのような意味があるかといえば、不動産会社に支払うお金を意味しています。

通常、注文住宅を建築する場合には土地などを購入する必要があります。土地は、売り主がいて初めて購入することができるわけですが、ほとんどの場合売り主から直接に買い主が購入するわけではありません。もちろん例外もありますが、多くの場合間に不動産会社が入ります。

なぜ不動産会社が間に入るかといえば、そのほうが取引きが円滑になるからです。売り主の立場から考えれば、インターネット上で宣伝をしたとしてもなかなか買い手は現れないでしょう。なぜなら、売り主のことを信用できると思っている人が少ないからです。

しかし、そこで不動産会社が真ん中に入ることでその土地は信用できる人が売却していると理解することができます。安い買い物ならばまだよいですが高い買い物の場合には、そう簡単に失敗するわけにはいかないという気持ちもあるかもしれません。

いずれにしても、間に不動産会社がはいるのが普通です。このとき、不動産会社がさまざまな紹介や手続きなどをおこなってくれますが、その仕事に対して支払うお金が仲介手数料です。

どれぐらいが相場になっているか

仲介手数料といっても、一体どれぐらいが相場になっているのでしょうか。実際に買い主としては仲介手数料の額を知っておきたいところです。結論からいえば、相場と呼ばれるものはありません。

なぜかといえば、手数料自体は不動産の価格によって左右するからです。計算式もありますが、これを一言でいえば不動産の価格のおよそ3パーセントになると考えておけばよいです。

例えば土地が3000万円する場合にはその3パーセントである90万円が仲介手数料となり不動産会社に渡すお金になります。もちろん土地の価格が安ければ手数料はそれ以下の金額になるでしょう。

このように、物件価格に左右されるため、実際にどれぐらいの金額で土地を購入しているのかを明確にしてから計算するのがよいです。たいていの場合、計算は不動産会社の方でおこなってくれるため、買い主がわざわざ計算するようなことはないことがほとんどです。

このお金は、たいてい契約の段階で支払っておく必要があります。頭金などが全く払えない人の場合にはこのお金を銀行から借りることもありますが、そのようなケースはそれほど多くありません。せめて最初のうちに手数料の額を十分に用意してから契約をしましょう。

必ず3パーセントである必要はない

よく勘違いしている人がいますが、仲介手数料は必ず物件価格の3パーセントでなければいけないわけではありません。

法律上は上限を3パーセントにしているだけで 2パーセントでも1パーセントでも問題ないはずです。もし、もう少し安くしてもらいたい場合には、不動産会社と交渉する方法も考えられます。

 

福岡県で注文住宅を建築する場合には、仲介手数料を支払うことが基本になります。この手数料は、通常不動産会社に対して支払うお金です。どれぐらいの金額になるか気になるところですが、相場は存在しません。

なぜなら、土地の価格あるいは建物の価格によって異なるからです。物件価格の3パーセントぐらいを支払うと考えておけばよいでしょう。ちなみに、仲介手数料自体は不動産会社と交渉することで低くしてもらうことも可能です。