口コミで評判!福岡で注文住宅や健康住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを人気ランキングでご紹介!

注文住宅で防音室を作るメリットとは?

 :
公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/19
    

毎年おこなわれる住みやすい街ランキングで、新しく上位に食い込んだのが福岡県です。知事の新しい取り組みとして住みやすい環境づくりのための政策を作り誠実に実行したのが理由になります。

そんな福岡県で注文住宅を建てるなら防音室を作ってみてはいかがでしょうか。

思う存分趣味として音楽を楽しめる

防音室を作るメリットは音を漏らさないことですが、その音を漏らさないことがいろいろな恩恵を与えてくれます。一番の恩恵といえば、自宅で響き渡る音を外部に影響を与えないので、周辺住民に不快感を与えないことです。

元々防音質を作るきっかけとなったのは、楽器店で手軽にいろいろな楽器を購入できるようになったことで趣味として演奏する空間を作るのが目的になります。そして楽器の演奏だけでなく、音楽の出力機の進歩によってカラオケもお店と変わらない音質で流すことができます。

しかし音楽を演奏すると、どうしても音は空気の振動なので音量が大きければ大きいほど新道が大きくなり外部に漏れるのです。外部に漏れる音量が大きければ大きいほど、周りの住宅にも響いてしまい迷惑をかけることになります。

そこで注文住宅を建設する際に、音楽関連の趣味をしているのであれば防音室を作ることで外部に音の反響を漏らすことが少なくなるので迷惑を考えずに本気で楽しむことができるのです。

DIYで欠かせない工具での作業ができる

防音質の音を漏らさないメリットは音楽だけでなく、近年ホームセンターの充実によって増加傾向にあるDIYもおこないやすい環境づくりにも役に立ちます。

DIYはお店で購入できないものを、オリジナルで工具を使って作ることです。個人によってはDIYが本格化して、ネットを使って販売する人も増えています。

そんなDIYですが、やはりいろいろな工具を使うので電動ドリルやチェーンソーなどを使うと音の反響が広がってしまいます。そこで大きな音を鳴らす工具を使うときに、自宅に防音室があれば音を気にせずに図化工作にのめりこむことができます。

学業で集中できる空間を作れる

これまでの利点は内部の音を外部に漏らさないことがメインでしたが、逆に考えれば外部の音も内部には届かないことを意味します。内部に届かない部屋があるということは、特に子供がいる家庭にとって恩恵があるのです。

例えば近年増えている苦情の一例として、子供の声がうるさいということで苦情をいってくるという案件が増えています。子供が喜怒哀楽を出すのは成長のあかしなのですが、やはり近隣の迷惑となると親にとっては負担が大きいです。

小さい子供がいる家庭においては、防音室があることによって一時的にその部屋の中に入ることで泣き声が外に響かないことにより安心してあやすことができます。そして子供が成長して中学高校生ともなると、今後の進路で受験の時期に差し掛かります。受験は人生を大きく左右する時期なので、学校だけでなく自宅でも勉強して本番に臨ませたいのは子供も親も同じです。

しかし自室にこもって勉強をすると、どうしても外部からの音が部屋の中に鳴り響いてしまい集中力が阻害されてしまいます。そこで勉強部屋として防音室を使えば、外部の音が部屋の中に漏れないので大切な試験シーズンの予習をしたいときに集中できる環境を作ってあげられるのです。

 

各自治区の中でも福岡県は住みやすい環境として人気になっていますが、その反面として人口が増えるにあたり音に関する問題も比例して増えています。音というのは厄介なもので、音に関する不快感には個人差があるので自身では何でもない音でも相手にとっては不快になる場合があるのです。

不快な音を鳴らしてしまうと苦情が届くことで、その情報が周辺に伝わることでせっかく注文住宅を立てたのに住みづらくなってしまいます。それを防ぐためにも、予算に余裕があるのであれば部屋の一室に防音室を作ることで音に関する問題をクリアし、安心できる住まいづくりができるのです。