口コミで評判!福岡で注文住宅や健康住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを人気ランキングでご紹介!

注文住宅の入居までの流れは?

    

 

福岡県で注文住宅を建築する場合には、入居までのおおよそ流れを理解しておくことが重要になります。

入居までの流れを知っておくことでより無駄なく動くことができるだけでなく、事前に様々な動きを予測することが可能になるため安心感も生まれます。

 

 

 

住宅のイメージと業者選びのポイント

福岡県で注文住宅を建築する場合にはまずデザイン等の方向性を決めなければなりません。

どのような住宅に住みたいかのイメージが不明確のままの場合には、頭の中に明確にデザインを思い浮かべてから業者選びに動き出す必要があります。

イメージが思い浮かばない人もいますので、そのような場合には画像を参考にするかイメージを紙に書いてみましょう。

ある程度イメージができ上がれば、後は工務店やハウスメーカーを探すことが必要になります。

工務店やハウスメーカーを選ぶ場合は、自分が作りたい住宅を設計してくれるところを選ぶべきです。

例えば、和風住宅を建築したいならば、和風住宅を得意としている工務店やハウスメーカーを探す必要があります。

この流れを間違えていると、理想としている住宅とはかけ離れてしまいますので注意が必要になります。

業者を選ぶときのポイントは、まずは見積もりで比較をしてみることです。

見積もりで比較した段階で、どこの業者が1番安いのかという点も重要になりますが、それ以外でも業者の対応も大事になります。

業者によっては、とにかく契約を急がせてお金を取ろうとしているところもありますので、そのようなところとは契約をするべきではありません。

見積もりの段階で、ある程度デザインなどを見せてくれるところがありますので、自分がイメージしたものと近い場合には契約をしてみましょう。

 

金銭面での注意点とはいったい何か

注文住宅を建築してくれる業者を選んだら、お金を準備しなければなりませんがこの時一括で支払うことができない場合は住宅ローンを組む形になるでしょう。

住宅ローンの流れとしては、まず仮審査を行います。

この場合ハウスメーカーや工務店などが仮審査に通りやすい借入額を提案してくれますので、提案通りに行えば8割以上の可能性で審査に通るでしょう。

その後、本審査を行うことになりますが、あまり無理な金額を設定しない方が良いです。

仮審査に通った段階で本審査に通る可能性は高いですが、実際に審査に通ることと、最後まで返済することができるかどうかはまた別と考えておきましょう。

当然金融機関のほうも、返済できそうだからお金を貸してくれるわけですが、返済できない人も出てきます。

では、どのような基準で金額を決めたら良いかと言えば、月収の4分の1以下を毎月の住宅ローンの返済額にすれば問題ありません。

気が大きくなって、思わず少し無理な金額を借りてしまうことがありますが、毎月の返済額は少し抑え目にしておかなければならないわけです。

審査に通ったら、後は基礎工事等を行っていきます。

 

業者に任せず自分でも確認をしておく

打ち合わせが終了して住宅ローンを組むことが決定し工事が始まった場合でも、注文住宅の建築は時折自分で見に行く必要があります。

忙しい場合には、なかなか住宅を見に行くことは難しいかもしれませんが、1週間に1度ぐらいは状態を見に行っておきましょう。

もし、自分のイメージと違うような場合には変更することができる可能性もあります。

住宅がある程度完成したならば、実際に中に入り細かいところをチェックしましょう。

一応、瑕疵担保責任がありますので瑕疵があれば10年間は業者の方でお金を出して修理してくれますが、それでも可能な限り問題点がない方が安心です。

実際に自分の目で見て問題がなければ、鍵をもらいそこに入居することが可能です。

 

福岡県で注文住宅を建築する場合は、まず業者選びをする必要があります。

それと同時に、住宅ローンを組むことができるかを見ていきましょう。

住宅がある程度建築され始めたら、自分の目でもチェックをしておくことが必要です。